「かもめ」 4幕

  • 2008/07/28(月) 15:11:17

やっときた〜〜

長かった・・

4幕目での竜也さんの演技がまた素晴らしい

今まで見たいと思っていた

役者藤原竜也がそこにいる

表現するのは台詞がなくても表情がなくても

指先一つ、背中一つで演じることができるもの

物語を全身で表現する役者

それも自分ひとりが表現するのではなく

相手の演技を受けて・・あるいは
自分の表現で相手の存在をより明確に際立たせることもできるもの

才能は健在であり、それを裏付ける努力もまた並大抵なものでないのもわかる



かもめ4幕は

一つの物語でありながら

一部の3幕目までとあまりに遠くかけ離れている

わずか2年後を描いているとは思えないほどの時の隔たりを感じる

様々な終焉を描く4幕

だが・・

誰かの人生が終わっても

人の営みは変らず続けられるもの

人生の終焉は悲劇なのだろうか?喜劇なのだろうか?

生きるものであれば必ず死は自然にやってくる

悲劇なのは生きながら死ぬということなのかもしれない

生きたいという老人に「浅はかな考えだ」という医師

死を選ぶ若者にはなんと答えるのだろう?

アントン・チェーホフは医師であり、作家だった

医師として人々の生死を見続けていた彼と
作家として人々の人生を描く彼・・・

ドルン医師の言葉の端はしに・・
チェーホフの意思を見る気がする

だから・・

ドルンがトレープレフに語りかけるとき・・
私もドルンに心の中で語りかける・・

あなたは自分自身にもそうやって語りかけてきたの?

と・・

そして・・

トレープレフの死・・

私はトレープレフは2年前に一度死んでいたのだと思えた

それは先に述べたとおり・・生きながらの死だった

母に見捨てられ・・恋人に捨てられ・・

彼はまさしくかもめのように撃ち落されていた

そして・・2度目の死を迎えるのだ


続きを読む

「かもめ」 3幕

  • 2008/07/28(月) 00:51:29

この3幕目が・・
実は・・本当に難しい・・

見ていて、一番おもしろく演出されている

チェーホフももしかしたら・・そういう演出を望んでいたのかもしれない
などとも思えてしまう

でもおもしろおかしく笑っていても・・

その裏に人の毒があるのが漂う

3幕目は・・

旅立ちと決別の双方が描かれていて・・

そのどちらもが相反しているようでいて
通じている

悲劇と喜劇が相反していて通じていて

男と女も相反していながら通じていて

親と子も相反していながら通じている

まるで・・

部屋の中央に置かれた大きな鏡に反転して映る自分のように・・

確かにそこに映っているのに・・
決してそちらへは行けない







続きを読む

「かもめ」 2幕

  • 2008/07/27(日) 22:28:15

人間というのは言葉が通じ合わなくても
心を通わせようという気持ちさえあれば
コミュニケーションは不可能ではないはず・・

その逆にたとえ言葉が通じても
心が通い合わなければ
言葉も素通りしてしまうもの

チェーホフは人の心のもどかしさを描いていたのだろうか?

自己主張は受け入れられてこそ意味を成すもの

皆が皆自己主張し続ければ・・

それは同じ言葉を使いながらも会話が成り立たない
まるで互いに外国語を話しているのと同じ状況になる

人の意見を聞きなさいとはよく言ったもの

2幕目は・・

誰もが皆自分を主張するばかりで

誰も誰かの言葉を聞くことはしない・・

自分の言葉だけが虚しく響いているようにも思える


続きを読む

「かもめ」 1幕

  • 2008/07/27(日) 21:40:12

7月25、26、27日
シアターBRAVA

アントン・チェーホフ作
栗山民也演出

藤原竜也
鹿賀丈志
美波
麻美れい

「かもめ」4幕の喜劇


3日間連続で見た「かもめ」
中でも26日ソワレ・・
特別な時空というのが舞台にあるというのなら
その特別な日だったように思える

舞台は一部、二部構成になっており
一部では1幕〜3幕までを
そして4幕だけを二部で演じるというもの・・

戯曲は何度も読んでいるが
「かもめ」はやはり難解だ

見る側にも覚悟がいるのかもしれない

正直25日には楽しめはしたものの
納得はしきれなかった・・
頭のどこかで何かが引っかかったままの状態だった

26日・・
私はチェーホフの世界観を体感した気がした
頭ではなく・・
心の中にトレープレフが何かを届けてくれた

トレープレフとニーナ・・
若い二人がしっかりと舞台と客席とを結びつけてくれていた

27日大阪千秋楽・・
正直・・今回の公演の最大の課題をこの身に感じた日だった
「かもめ」は・・
こんなに遠くから離れて見るもんじゃあない
近いからいいってものでもないけれど
丁度いい大きさの入れ物というものもあるのでしょう

それでも・・

4幕目の感動は損なわれなかったことだけは救いだった

エンターティメントな演劇ではない

見せる演劇でもない

その世界に入り込んでこそ感じられるもの

前置きが長すぎましたね・・

では・・

ネタバレぎっしり
自己中心的な感想ともあらすじともつかぬ
私の中の「かもめ」

それでも読んでくださるとおっしゃる方は
ぜひお進みください


続きを読む