さらば、我が愛〜覇王別姫〜

  • 2007/10/26(金) 17:36:53

本日は休みでしたので
「さらば、我が愛〜覇王別姫〜」をDVDで鑑賞

理由はというと、どうやら来年、この作品を
蜷川氏が少年隊の東山さん主演で上演するそうな・・

はて・・どんな作品?

と思って観たのですが・・

いやあ〜〜〜素晴らしいではありませんか〜〜〜〜!!

主演のレスリー・チャン、お美しい!

1920年代から70年代の中国、京劇の世界が舞台

京劇の女形、蝶衣の幼年時代から物語がはじまる

京劇の修行の厳しさ・・そこで芽生えた兄弟子・小樓への淡い恋心

やがて、成長した二人は京劇界きっての人気役者となっていた
成長してもなお、小樓を慕う蝶衣にくらべ小樓は遊廓の菊仙と結婚してしまう

二人の間に亀裂が生じる・・

苦悩する蝶衣をレスリー・チャンが気迫の演技で魅せてくれます

芝居に命をかけた蝶衣・・

時代がそんな彼を嘲笑うように激しい波に彼を飲み込む

太平洋戦争勃発・・

進撃する日本軍・・彼等の前でも変らず舞い続ける蝶衣

やがて、日本軍敗走・・

蝶衣は売国の罪に問われ、法廷へ・・・

からくも命を永らえた後も芝居への道を厳しい試練が待ち受けていた

文化大革命・・

蝶衣は自国の人民によって罪を断罪される

しかも共に捕らえられた小樓は命惜しさに蝶衣を裏切り
彼の罪を人民の前で並べ立てる

絶望に震える蝶衣は
彼の妻が女郎であったことを逆に断罪

菊仙は自害

更に時が流れ、

蝶衣はまだ舞台の上にいた
傍らには小樓がいる

その舞台の上で、蝶衣は自らの命を絶つ


正直中国近代史をよく理解していないので
この文化革命のくだりがどうもよくわからないのですよね

ただ・・時代によって文化が何度も瀕死の状態になりながらも
今日に根付いている・・その背景には
様々な役者たちの生き様や死に様が必ずあったはず

舞台に命をかける・・ということは
生き様にも命をかけることなのか・・と
蝶衣の生き様にそれを垣間見ることができるのです

蝶衣の美しさは外見の美しさではなく

自らの情熱と愛を命をかけて貫いたその生き様の美しさ

激しく鮮やかな極彩色の美しさ

日本の美とはそこが違うところ・・

外見を真似ることは問題なくできるのでしょうが

その激しさをさて、どこまで表現できるのでしょうか?

ちょっと興味出てまいりましたね〜〜〜〜


この記事に対するコメント

美しく切ない映画でしたねぇ。
以前、栗本薫さんの小説「終わりのないラブソング」を読んで、「やおい」と言うか「耽美」と言うか、いわゆる「BL小説」に見事に嵌ってしまいこの映画と「ブエノスアイレス」を観たのでした〜BL小説は今でも偶に読んでおります〜笑★

気づかなくてごめんなさい

こっちにレスがつくとは思ってなくて(^^;;
長いこと放置しててごめんなさい。
栗本さんは大好きな作家さんですよ〜〜
「終わりのないラブソング」懐かしい〜〜〜!!
名作でございましたわ!
そんなyukariko様には
QAFもお勧めですわ(*^^*)アメリカドラマですが
これがまた・・とってもよくできてます。
日本ではとても放映されそうにないですが・・
YOU TUBEなどでは日本語字幕版などもございます。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する