結婚という契約

  • 2007/11/10(土) 02:22:23

かつて・・

別の名でネットにいたころ

結婚について書いた言葉

「神の御前で偽証する結婚式
永遠の愛など存在しない

結婚とは互いの罪を背負うこと」

自分で書いた当時のログを全く残してない!

ほんとにびっくりするような奴でしょ?

前のPCには残ってるかもしれませんね(開く気もなし)


人間というのは生誕して
育っていく過程の中で

多かれ少なかれ・・なんらかの罪というものは背負っているもの

それを全部相手にさらける必要など全くないのだけど

結婚して家族となる契約をした時に

相手の罪も一緒に背負う覚悟も必要なのかもしれない

愛だけで結婚が成り立つとは思えない

熱い思いなどすぐに冷めるもの

共に罰されるために

共に生きる

そう思えば

お互いだけを見つめ合うことはないとしても

少なくとも

同じ方向を向いて歩くことはできるはず







この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する