オセロー?

  • 2007/11/20(火) 15:12:54

奪われた命は戻りはしない

どんなに嘆き悲しもうと

どんなに許しを請おうとも

たとえ本当のことが明るみになったとしても

失った命だけは戻ってはこない

冷静に考えればわかりきったことのはずが

激情というものは冷静と遠く離れたところへ

理性を追いやってしまうものなのか

それはたとえどれほどの窮地や死地を潜り抜けた英雄であろうとも

人の心に救う猜疑心や嫉妬や激情だけは

等しく宿るものだということの証のように・・


オセローに命奪われたデズデモーナの

死を最後に見取ったのは侍女のエミリアであった

エミリアは城の外でキャシオーが何者かに刺されたことをオセローに知らせにきたのだ

デズデモーナを殺したのがオセローとすぐに察したエミリアはオセローを激しくなじる

オセローに剣で脅されてもひるまず

「あんたは悪魔だ!」

オセローはデズデモーナが不義を働いたことをエミリアに告げ
それでも信じないエミリアに夫が真実を知っていると言い放った

驚愕しながらも信じないエミリアは大声で皆を呼ぶ

「人殺し!ムーアが奥様を殺した!」

その声に人々が集まる、中にはイアーゴーもいる

オセローの口から
語られる真実・・それはイアーゴーが作り出した妄想の真実

その言葉を聞きながら
エミリアは夫が犯した恐ろしい悪事を思い知る

不義を決定づけたのは夫がエミリアから取り上げたデズデモーナのハンカチだったのだ

「悪党の仕業だ!悪党の仕業だ!
あ〜くやしい!!自分を殺してやりたい!
悪党の仕業だ!」

うわごとのように嘆くエミリア

エミリアによって全てが明るみにでることになったイアーゴーの罪

イアーゴーはエミリアを刺し殺して
その場を逃げ去るがすぐに捕らえられてしまう

口をつぐむイアーゴー

自らの愚かさを思い知るオセロー

デズデモーナの死体を抱きしめ

犯した罪を嘆くオセロー

「死んでしまった!!デズデモーナ!!
死んでしまった!!ああ!! ああ!!」

人々に事の顛末を全て語ってもらいたいと言い残し

オセローは隠し持った剣で自らを刺し
デズデモーナに口付けして息絶える・・

イアーゴーは処刑されることとなる

だが、あれほど狡猾に悪事を語ったイアーゴーの舌は
決して動くことはなく

ただ、虚空を睨んで黙するだけだった・・





この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する