スウィーニー・トッド〜フリート街の悪魔の理髪師〜

  • 2008/01/27(日) 21:55:31

観て参りました

ジョニー・デップ主演
「スィーニー・トッド」

噂に違わぬブラッディーな映画でございましたわ(^^;;

とは言え・・おもしろかった!!

決してすっきりするわけでも、感動するわけでもない映画ですが

極上のファンタジーでもあるのです

主演ジョニーの素晴らしいこと!

そして相方(笑)ミセスラベットがこれまたキュート・・名前がすぐに浮かんでこなかったのですが公式でチェックしました

ヘレナ・ボナム=カーター(ティム・バートン監督の奥様ですわ)

スウィーニー・トッド公式サイト

お話の概要は公式をご覧いただくとして・・

さて・・

ネタバレありの感想です
公開中の作品ですので

ご承知済みの方は先に進んでくださいませ



ご存知の方も多いでしょうが
これは有名なミュージカル作品でもあり

今回の映画化はそのミュージカル作品の実写版でございます

ですので、皆歌います(ミュージカルですから)

そうして・・

実に皆様見事な歌声を披露されています

実際トレーラーなどで見聞きしてはいたものの

ジョニーの歌声にはしびれました〜〜〜!

全編通してモノトーンの暗い映像

でも白黒ではなく、くすんだ世界を表すような映像美

そしてソーンハイムの楽曲・・

難しいメロディーに乗せて・・ジョニーの低音が耳に心地いい

が・・しかし・・

内容は決して心地よくはございません

この映画はR−15でございます

スウィーニーは妻を奪われ、無実の罪で15年も投獄され

絶望の淵をさまよいながら、ロンドンのフリート街へと戻ってきたのです

「復讐」という生きる糧のためだけに・・

彼の共犯者となったのはロンドン1まずいパイ屋のおかみミセス・ラベット

「復讐」が遂げられるその日まで次々と理髪店にやってくる客を殺し続けるトッド・・

彼は何の躊躇もなく当然のように邪魔な髭をそり落とすのと同じ手つきで客の首を切り裂いていく

そうしてその死体は階下のパイ屋へと・・

売れないパイ屋は極上のミート・パイを出すようになって大流行

もちろん・・その材料を調達しているのは・・

猟奇的なこの悪行は・・

実話を元にしたもの・・伝説の殺人鬼、フリート街の理髪師は実在したのです

調べてみると・・人肉パイも事実だったよう・・

身の毛もよだつこの行為ですが・・

おとぎ話や神話というのはこうした事実を元にしたものなのです

トッドは感情や愛というものを世界の色と同様になくしてしまったかのように終始無表情・・

ただ・・復讐心だけはその無表情の裏側に潜ませて

瞳だけがぎらぎらと輝いている・・

ジョニー・デップお見事!

対するラベット夫人は残忍な犯行を手助けしながらも

トッドとの愛の生活を夢見る恋する女性

その夢は美しく優しい色に満ちていて

彼等が現実を送る褪せた世界との対比がまた切ない


ラストシーンは実に切なく衝撃的

これだけはいくらネタバレとは言え・・

書くのはやめにしましょう

ただ・・バートン監督・・奥様にそんなひどいこと・・

まさか願望だったりしませんよね(笑)

ラストショット・・

ゆっくりと広がる深紅の血

全てがくすんだ映像の中で血の色だけが鮮やかな深紅

リアリティーを排除した世界でありながら

流された血だけがリアルなものであることと

血が血を呼び

憎しみを生み、そこから悲しみと空虚が生まれ

復讐が繰り返される

これは人間のおろかな欲望と愛のファンタジー










この記事に対するコメント

来たよ☆

小4の娘2も含め…家族全員が ジョニー・デップ ファンな我が家(^.^)
でもでも。。「スィーニー・トッド」は〜家族で 観れないんよね 
R−15だし〜母である私…怖がりやし〜(汗)
オット〜(夫)と娘1(高3)は観るらしい
特に 娘1は バートン監督作品がお気に入りらしく
「絶対観たい作品」みたいです(*^^)v 

でもでも・・明日は
オット〜・娘1・私で『ウォーター・ホース』観てきます〜(笑)

☆書き込みありがと♪
 元気そうで良かった&また繋がって嬉しいよ〜
 良かったら また遊びに来てね☆

あきこちゃん、早速のコメントありがとう(^・^)
ほんと懐かしいね〜〜
こないだね、さよちゃんとこにも挨拶したのよ
普段の日記はリンクの本宅だったりします。

元気にアホしておりまする(^^;;

また行くね

ジオにいるのね・・私もジオにいたこともあるのよね〜〜
ジオでホーム作って、こことか・・日記とかまとめようかな〜〜
と・・企みちうです〜〜。
その時はBBS作るね・・

ネットがあれば、いつでも繋がれるわよね
そういう世界よね

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する