夕凪の街 桜の国

  • 2008/06/10(火) 20:19:02

DVDにて鑑賞
「夕凪の街 桜の国」

詳しいストーリーは

公式サイト
をご覧くださいまし

さて・・この作品は2部構成となっておりまして

一部が「夕凪の街」
二部が「桜の国」

どちらも原爆についてを取り扱ったヒューマン・ドラマです

どちらもよい出来の作品だと思いました

でも・・バランスという点では

ダ〜〜〜ントツに「夕凪の街」が良すぎるのですわ

そういう意味ではバランスがちと悪い・・

観終わった後・・普通ならば・・後で見た方が記憶に残るはずなのに

記憶にしっかり残るのは

一部でヒロインを演じた、麻生久美子さんの演技

言葉を尽くせないくらいに素晴らしい!!

この映画で私の心に強く残ったのは

人間の本質なのだ

きれい事ではない人の思い・・

それがヒロインの口から吐き出されているのよ

大切な家族や友達・・生きてきた街・・その全てを一瞬に奪われて・・
それも・・他人の手によって・・

恨みが残らないわけがない

原爆で破壊の限りを尽くされた街で・・復興が進み・・
皆・・明るい表情で
原爆のことは語りたがらない

けれど、銭湯へいけば・・その体は皆ケロイドだらけだ・・

そして・・誰もがいつ襲ってくるともわからない死の影に怯えている・・

そんな不条理を・・訴えているのがヒロインの最後の言葉(心の中の)

「なあ、うれしい?
13年も経ったけど、原爆落とした人は私を見て
やった〜、また一人殺せたってちゃんと思うてくれとる?」

歪んでる?
そうなんだろうか?

違う・・
これは理不尽なことなのだってこの言葉がはっきりと私たちに伝えてくれてるのよ

痛めつけられた者が自らを虐待する
これは自虐行為なのよ

感情を吐き出すのにも、いろんな表現があるものなのよね

二部では
現代と過去を映像が往来する

そこで・・母役の藤村志保さんが息子・旭に言った言葉

「あんた、被爆者と結婚するんか?」

被爆者が被爆者を差別する言葉・・
とても印象に残った
これもとても自虐的だ

そして・・現代に生きる旭の息子・凪生もまた、被爆者であるがゆえに恋人の両親から結婚を許されずにいる

娘の七海もまた明るく生きながらも・・母が被爆から40年以上も経て死んだことから・・被爆2世として死に怯えている・・

たった・・一発・・

時間にしたら・・どれほどの時間・・?

1分・・2分・・?

それが・・こんなにも長い年月・・人々を苦しめ続ける・・

これは今も続いていることなのだ

そして・・終わることはない・・

どこかの国の指導者は、その地位についた瞬間にでも
広島を、長崎を
訪れるべきなのかもしれない

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する