「かもめ」 4幕

  • 2008/07/28(月) 15:11:17

やっときた〜〜

長かった・・

4幕目での竜也さんの演技がまた素晴らしい

今まで見たいと思っていた

役者藤原竜也がそこにいる

表現するのは台詞がなくても表情がなくても

指先一つ、背中一つで演じることができるもの

物語を全身で表現する役者

それも自分ひとりが表現するのではなく

相手の演技を受けて・・あるいは
自分の表現で相手の存在をより明確に際立たせることもできるもの

才能は健在であり、それを裏付ける努力もまた並大抵なものでないのもわかる



かもめ4幕は

一つの物語でありながら

一部の3幕目までとあまりに遠くかけ離れている

わずか2年後を描いているとは思えないほどの時の隔たりを感じる

様々な終焉を描く4幕

だが・・

誰かの人生が終わっても

人の営みは変らず続けられるもの

人生の終焉は悲劇なのだろうか?喜劇なのだろうか?

生きるものであれば必ず死は自然にやってくる

悲劇なのは生きながら死ぬということなのかもしれない

生きたいという老人に「浅はかな考えだ」という医師

死を選ぶ若者にはなんと答えるのだろう?

アントン・チェーホフは医師であり、作家だった

医師として人々の生死を見続けていた彼と
作家として人々の人生を描く彼・・・

ドルン医師の言葉の端はしに・・
チェーホフの意思を見る気がする

だから・・

ドルンがトレープレフに語りかけるとき・・
私もドルンに心の中で語りかける・・

あなたは自分自身にもそうやって語りかけてきたの?

と・・

そして・・

トレープレフの死・・

私はトレープレフは2年前に一度死んでいたのだと思えた

それは先に述べたとおり・・生きながらの死だった

母に見捨てられ・・恋人に捨てられ・・

彼はまさしくかもめのように撃ち落されていた

そして・・2度目の死を迎えるのだ




2年の年月が過ぎ
トレープレフは作家になっていた

ソーリンは以前よりずっと年老いてしまい
アルカージナが医師に呼ばれた・・

マーシャはメドヴェジェンコと結婚して子どもも設けたが
やはりトレープレフを愛していて不幸だ

子どもも愛することができずにいる

マーシャもおそらくこうやって・・愛されずに育った子だったのだろう

母はドルンを愛しているのだから

トレープレフは寡黙で静かな男になっていた
激情はどこにも見当たらない

2年の間に彼の精神は数十年を過ごしてしまったのだ

アルカージナとトリゴーリンがやってきた

トリゴーリンとニーナの間にも子どもが生まれたがすぐに亡くなり
二人の関係も終わり
トリゴーリンはアルカージナとの関係をずっと続けていた

2年前にトレープレフが撃ち落したかもめが剥製になっていた
トリゴーリンが頼んだものだと言うが

トリゴーリンは覚えていない・・

彼が気まぐれに撃ち落した少女の夢も記憶の彼方に追いやったように・・

愛する男に捨てられ・・女優としても芽の出ないニーナが
トレープレフの前に現れた・・

傷ついて別人のようになったニーナに

まだずっと愛し続けているといい・・ここに残ってほしいと懇願するトレープレフ・・

ニーナを失い・・孤独な死を生きてきたトレープレフが
魂の底からニーナに懇願する

だが・・ニーナは呟く

「私はかもめ・・いいえ・・私は女優」

ニーナを自分の生きる道を見つけた
そしてその先にはトレープレフは存在しない

トリゴーリンによって気まぐれに撃ち落されたかもめは
女優として生きる決意をして飛び立っていったが・・

ニーナの言葉によって再び撃ち落されたもう一羽のかもめは

再び生きる術を持たなかった・・

「ここに残ってくれ、ニーナ、お願いだから」

そう叫ぶトレープレフは・・まるで必死に助けを求めるようだ

ニーナの言葉は容赦なくトレープレフを撃ち殺していく

トリゴーリンを愛しているという
「好きなの・・燃えるように好きなの・・」

彼はもの言わず・・身動きもできず・・
息耐えるように蒼白に・・死の表情を纏っていく

ニーナが去った後・・トレープレフの最後の言葉・・

「まずいな・・誰かが庭に出て彼女に出くわして・・ママに言ったりしたら・・ママは嫌な気分になるんじゃないかな?・・」

彼は静かにゆっくりと自分の原稿を全て破り捨てる・・

そして・・庭に出ようとして・・

皆が部屋に入ってくる気配に奥の部屋へと消えていく・・

瀕死のかもめは最後にわが子をかばう親鳥のようになって母をかばう・・


陽気に現れるアルカージナたち・・

トリゴーリンはかもめの剥製を見ながら

「覚えてないな〜〜」と笑顔で言い放っている

銃声・・

ドルン医師が奥の部屋へ見に行く

すぐに戻ってきて「エーテルの瓶が爆発したんですよ」という

そして小声でトリゴーリンに

「アルカージナさんを連れ出してください。トレープレフ君が自殺しました」

アルカージナの元へ静かに近寄るトリゴーリン・・
時が静止し・・暗転・・

この暗転の間に私たちは

トレープレフが銃口を頭に当て
引き金を引くシーンを連想してしまうのだ

そうして再びライトが点く・・
まだ時が静止している

そこには既にトレープレフが死んだ事実がある

客電が点き・・

幕なき幕引き・・

最初から最後まで

本当に舞台の上では何も起こらなかった・・

誰かが見える範囲の中では
大したことはおきはしない

だが・・人が見えない・・
あるいは見ようとしないところでは

悲劇が起きている・・現実に



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する