「かもめ」 1幕

  • 2008/07/27(日) 21:40:12

7月25、26、27日
シアターBRAVA

アントン・チェーホフ作
栗山民也演出

藤原竜也
鹿賀丈志
美波
麻美れい

「かもめ」4幕の喜劇


3日間連続で見た「かもめ」
中でも26日ソワレ・・
特別な時空というのが舞台にあるというのなら
その特別な日だったように思える

舞台は一部、二部構成になっており
一部では1幕〜3幕までを
そして4幕だけを二部で演じるというもの・・

戯曲は何度も読んでいるが
「かもめ」はやはり難解だ

見る側にも覚悟がいるのかもしれない

正直25日には楽しめはしたものの
納得はしきれなかった・・
頭のどこかで何かが引っかかったままの状態だった

26日・・
私はチェーホフの世界観を体感した気がした
頭ではなく・・
心の中にトレープレフが何かを届けてくれた

トレープレフとニーナ・・
若い二人がしっかりと舞台と客席とを結びつけてくれていた

27日大阪千秋楽・・
正直・・今回の公演の最大の課題をこの身に感じた日だった
「かもめ」は・・
こんなに遠くから離れて見るもんじゃあない
近いからいいってものでもないけれど
丁度いい大きさの入れ物というものもあるのでしょう

それでも・・

4幕目の感動は損なわれなかったことだけは救いだった

エンターティメントな演劇ではない

見せる演劇でもない

その世界に入り込んでこそ感じられるもの

前置きが長すぎましたね・・

では・・

ネタバレぎっしり
自己中心的な感想ともあらすじともつかぬ
私の中の「かもめ」

それでも読んでくださるとおっしゃる方は
ぜひお進みください


続きを読む

「歌わせたい男たち」

  • 2008/04/26(土) 17:39:42

二兎社

4月19日
シアタードラマシティー

作・演出 永井愛
主演  戸田恵子

物語のあらすじは
公式サイト
をごらんください


さて、感想でございます。

私自身がつい2ヶ月前に息子の高校卒業式に列席したばかりのため
この舞台を観ながら・・
思うところは多々ございました

末息子の卒業式・・おそらくは学校の式典へ出向くのは保護者としてはこれが最後となるであろう式でございました

子どもが生まれてから・・
子どもたちが学校へあがってから・・
私が記憶している限りでは
自分が入学式・卒業式で国家斉唱の際に起立した記憶はありません

理由はなぜか?

私は歴史が好きです
人間の歴史の中で切り離せないのが「戦争」という人間の愚行

今・・もしも戦争が起こったら・・

子どもが生まれてからというもの

そのことを思わない日はないくらいでございますわ(考えすぎですか?そんなことはないですわ・・。これだけ世界のあちこちで戦争は絶えないのに)

たまたま・・私たちはこの国で戦争のない時代に生まれています

でも、戦争があったということは歴史を学べば知ることができる
そして一度起こってしまった戦争から逃れることはできはしない

だとしたら・・今だからこそ自分がやれるべき行動があるはず

これは「母」としての私の思い・・なのです
わが子を「戦争」の犠牲にささげたくない

ですが・・母という立場を離れたら・・どうなんだろうか?
と思うとまた違う答えがございます


舞台上での登場人物も

それぞれの立場での考え方が交錯していきます

卒業式で不起立を貫く日本史の教師・・
左翼としても中途半端で集会にも一度も行ったことがない
でも・・校内でたった一人不起立を貫いている

人間にはこれだけは譲れない・・そういう一線がある

不起立した教師は教育委員会から処罰の対象となり
不起立者を出した学校も連帯責任として指導が入る

東京都ほど極端ではないにしろ・・地方でも同じような通達があるはず

息子の卒業式でも
一人の男性教師が起立する生徒たちの横で
静かに座っていた姿を私は後ろから見ていました

彼もまた・・処罰されているのでしょうか?

おかしいでしょう?

自分の意志を通しただけでなぜ処罰されます?

「内心の自由」を生徒に教えたからと言って

なぜ?処罰される?

「指示されるだけじゃだめ。自分の頭で考えよう」
そう教えた教師が指導力不足でなぜ処分されます?

おかしいでしょう?

日の丸・君が代問題に関した年表がパンフの最終ページに掲載されていましたこちらにその一部があります

パンフでは2008年までの年表でしたが・・
今もまだ・・ずっと裁判は続いていますし・・

終わらない問題です

今もやはり「縛られた自由」の中で
生きているのかもしれない・・


作品の感想にはほど遠い自分の思いだけでしたね

ここではいつものことですので
ご容赦を〜〜〜

幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門

  • 2008/04/06(日) 15:04:59

清水邦夫 作 蜷川幸雄 演出

堤真一 主演
(DVDにて鑑賞)


一言で言うと・・・

熱い魂が揺さぶられる何かを感じる舞台・・

と申しましょうか・・

私は学生運動からも浅間山荘事件からも遠い世代の人間です

だから、この演目からその時代の思想と運動とその衰退とを計るというのは
難しい・・

でもどこかに感じるものははっきりとあるのです

理想を追い求め・・現実に叩きのめされ・・

理想こそが実に曖昧で空虚な存在となったとき

人はその空虚を埋めるためにどうするのか・・

特に女として・・桔梗の前にやはり心を動かされてしまう

女が男と対等の強さを求めた時・・

そして男と同じ闘いに身を投じた時

女としての温もりや愛を凍りつかせなければ生きていけない

なんという純粋さなのだろうか・・

その凍りついた魂の中にある温かな悲しみに涙してしまったのです


さて・・感想と言えるのかどうか・・

この作品は好きです
でも・・突きつけられたものに答えを返せない・・

そういう作品でした
取り留めのない戯言になっておりますが、それでもよろしければ
どうぞ・・








続きを読む

身毒丸?

  • 2008/03/06(木) 16:51:26

この舞台の主役二人は

言わずと知れた
身毒丸 藤原竜也と 撫子 白石加代子

存在そのものが魔物(いや・・いい意味で)の白石加代子さんと

瞬間変化で化け物と化す藤原竜也くん

この化け物二人の対決・・もとい・・絡みもまたこの舞台の最大の見せ場

そして、そして

「身毒丸」ではあまりに有名な

行水シーン・・

これがなくても物語は進行します

ですが・・あるからこそ、撫子の地獄をより私たちは受け止めることができたりもする・・と無理やり納得させる

まあ・・竜也くんが全裸になると

観客の視線やらオペラグラスが一斉に舞台上手に集中するのは・・

これ・・傍からみたら不思議な光景かもしれませんが・・

仕方ないではございませんか(笑)

だって・・撫子だって、そうなんですもの・・

あのシーンで

あ・・照明さん、もうちょっとライトください・・

と思った観客は私一人じゃなかったはず

美しいものを見たいと思うのはとても自然なことですわ


さて・・ここからも場面の切り取り続きます

ネタバレあり








続きを読む

身毒丸?

  • 2008/03/06(木) 14:24:12

身毒丸という舞台は
やはり、手強い

流れるように進行する舞台

始まりから終わりまで全てが見せ場

舞台芸術の粋を集め

五感の全てに訴えかけるくせに感覚を麻痺させる

頭で理解しようと思えば、それを否定され

感覚で納得しようとすれば、そこもかわされる

理屈を書いてもそれが全てではないので

書くだけ虚しくなってくる

いつものようにはいかない

それだけ手強い・・

それとも私がバカなだけなんだろうか?

それでも、絶対に忘れることができない・・

なんとも不思議な舞台


さて・・せめて場面だけでも切り取りましょうか

ネタバレ危険


続きを読む