与えることと奪うこと

  • 2007/11/08(木) 00:01:29

昨夜、「ポイズン」という映画が放映されておりました

うとうとしながらだったもので全部は見てはいませんが

興味深い台詞があり、そこだけ妙に記憶に残りました

「愛とは全てを与え尽くすこと
欲望とは全てを奪い尽くすこと」

お前はどちらだ?と尋ねられ

「両方だ」と答えたアントニオ・バンデラス

自分を見失っているな・・と友人から諭されていた

この言葉・・なるほど・・と思いましたね

「愛」は無償に与えられるもので奪うものではない

「欲望」に捉われた時、「愛」を失うもの

どちらも手に入れることなどできない

先日の日記でも我ながらそれを証明してるな・・などと思ったものです

「愛」を知らずに奪うことしか考えなかった
だから狩ることしかできなかったのでしょうね

とは言え・・それを後悔はしない

そういう軌跡もあったのだし、そういう「恋」も確かにあるのよ

ただ・・

「欲望」を求めるなら覚悟だけは必要なのよ
それは若い娘でも、成熟した女でも同じ

全てを失う覚悟がなければ、奪うことなどできはしない

恐いもの知らずの少女だったから失うことなど恐くなかった

その瞬間、命を絶たれてもかまわないくらいだった

恐怖を覚えたら奪うことなどできない

今は恐いものだらけ・・

愛する対象がある証拠・・

そうして恐怖を感じる強さを覚えた証拠

そんな恐怖を飛び越えるような欲望があるとするならば・・

遠慮せずにかかってくるがいいわ・・

と・・

自分の中に潜む欲望に語りかけてみたりする

特別な年代9 開放と束縛

  • 2007/11/05(月) 01:13:52

「恋」って何?

何が本当の恋で
何がまやかしの恋?

私は恋とは心と身体を開放することって思ってきた

けれど同年代の友人達はその逆の恋を普通にしている

相手に心を捉われる恋
相手のために自分を塗り替える束縛の恋

でもそうやって彼女たちは段々と綺麗になっていく

どちらが本当の恋?

わからなくなっていた

でも今までずっと恐くて避けていた

誰かに捉われ束縛される恋・・

それが本当の恋ならしてみたい・・

そういう風にも思っていた

続きを読む

特別な年代8 最後の年

  • 2007/11/04(日) 22:30:52

3年生になる頃にはすっかり落ち着いてた

男と遊ぶより

もっと他にすることを求めたくなってきた

学校での勉強にも飽き飽きしてた

こんな勉強が一体なんになるのか?

本気でそう考えていた

外に出るより本を読み漁る日が続いた

小説や漫画の世界の方が現実よりもリアルに思えてきた

元々読書が好きだったせいもある

中学時代には文章を面白半分に書いたりもしてた

またちょっと書きたくなった時だった

続きを読む

特別な年代7 気づかない出会い

  • 2007/11/04(日) 19:23:43

アルバイト先は
小さな喫茶店

当時はこういう喫茶店がたくさんあった

おいしいコーヒーと家庭料理の店だった

ちょっとかっこいいけどスケベなマスターと
綺麗でかっこいい奥さんがいた

アルバイトも私の他に何人かいて

なかなか繁盛している店だった

隣に雀荘があって、よくそこへ出前に行った

女子高生の私はいわゆるおじ様方のアイドルになっていた

外面のよい私はこういうおじ様たちの相手は苦にならなかった

その喫茶店の上はアパートになっていて
若い一人暮らしの男性や若いカップルが生活してた

そんな中の一人が
実は私の夫になる人だったのだ

まさかこんなところでそんな人に出会うことになるなんて
この時は知る由もない

続きを読む

特別な年代

  • 2007/11/04(日) 13:38:57

高校時代のことを書いて

あの頃のことが色々鮮明に蘇ってきた

ちょっと過激な表現出てくるかもしれません
そういうのに拒否反応示されるかたは
ここから先はご遠慮ください

過去のことです(違う人生送ってますので)
かなりやばい女の子のお話ですので・・

単なる読み物として読んでいただける方はどうぞ
苦情は受け付けません(笑)



続きを読む