何処へ・・

  • 2009/04/03(金) 00:01:08

平成21年3月29日午後11時15分

父は他界した

突然の・・本当に突然のことだった

4月4日に退院が決まっていた矢先のことだった

先週の休日には病院の廊下を二人で散歩していた
穏やかな日中で・・

「少しくらい、表を散歩できないの?」

と、言ったくらい・・

「無断で出たら怒られる」

そう言って笑っていた

その日・・携帯のカメラで父の写真を撮った・・

最後の姿だった。


母は取り乱していた・・

その取り乱し方は・・幼い子どもが親からはぐれて迷子になったように

どこをどう歩いたらうちに戻れるのかわからずに途方にくれて・・

ただ・・「お父さん、お父さん」と・・泣き叫ぶことしかできない

そんな風に見えた

迷子になった母を抱きしめ「ここにいるよ、ここにいるから・・」と
ただ、そういい続けるしかなす術のない私・・

自分は無力だと感じる瞬間だった・・

ごめん・・
こんなに怖い思いをさせてしまって・・
ごめん・・

対面した父はまるで眠っているかのように安らかな顔をしていた
母とはまるで正反対の安心しきった顔だった



父は一晩・・葬儀所に仮安置され
翌々日の夜、通夜が行われた

通夜の前に行われる湯灌の儀・・

葬儀社の担当から「湯灌の儀は5年ほど前から、女性の方を中心によく行われるのですが・・どうされますか?」

と、問われ・・

入院後・・満足に入浴できない父のためにお願いした

その様子を見守りながら・・
母がまた泣いた・・

「よかったね〜〜、お父さん、気持ちいいね〜〜・・」

前夜の涙とは違う涙だった・・

葬儀当日の朝・・

母方の親戚と父方の親戚が集まった

母方の親戚の口はやたらとよく動く

あれやこれやと父の思い出話をしてはくれるが・・

なぜだか私にはそのどれもが・・他人事にしか聞こえない・・

小さな頃からよく見知った顔

一人ひとりがどんな人間なのかよく知っているから

余計にそう思う人々

没落した田舎の旧家の血筋で・・その家系を今も誇りに思っているのだ

ほどなくして予想したとおり・・

葬儀のしきたりについてあれこれとまくしたてる

「地域によって、それぞれだから・・こちらの葬儀社の方にお任せしてます」

にこやかにそう返答する
正直・・うんざりする・・
ただ、私にはこの血が濃く流れているのだ・・

私の実父もまた・・この一族の出で・・母とは従兄同士だったのだから

母方の田舎で幼い頃を過ごした私には・・
田舎・・という言葉に対してよい思い出がない

人に対して、精神的一線を置くのも・・ある意味そのせいなのかも・・
大人たちが口汚く争う理由は・・「金」なのだ

にこやかに集うこの面々が、私の前でどんな争いを繰り広げてきたか
幼い目にしっかりと焼きついている


父方の親戚は・・父の弟二人だけの出席だった

父とは実質的な血の繋がりのない私にとって、その弟とも全く親交はない

だが・・父に似てとても穏やかで物静かな人たちだった

父はとても勤勉で、真面目で、穏やかな人だった

少し父に面影が似ている、二人に救われるような思いがした


喪主は母であったが、挨拶は私にと頼まれた

物静かで、多くを語らぬ父を誰よりも尊敬している・・と

ある意味、父の弟お二人に対してのメッセージのように語った

緊張していた、お二人が少し頷いてくれたように見えた


父はその後火葬場へと運ばれた・・

荼毘に付された父を迎えに行き・・

父の遺骨と対面した

母はどうしても行きたくないと言った

田舎では最近こそ火葬が主流となったが、私の幼い頃までは土葬が当たり前だったのだ・・

火葬に対する怖れが、あるのだ

ゆっくりと運び出された遺骨は・・

今まで目にしたどんなものよりも

美しかった


こんな風に思うのは自分がおかしいからなのだろうか?

そう思ったが・・

何の怖れも感じず・・

神聖なまでに白いその遺骨の美しさに感動したのだ


おとうさん

あなたは肉体から解放されたのだ

痛みも苦しみも感じることなく

これほどまでに美しく

死を迎え

死と生の意味を私や息子に伝えてくれた

しっかりと生を全うしてくれたからこそ・・

私はこうして、あなたの骨を小さな壷にこんなにも静かな気持ちで収めることができる

母に渡すその瞬間まで

これほどまで大切に抱きしめたことがあるだろうか?
というくらいに大切に大切に胸に抱えて
母のもとへと運んでいった

「きれいな遺骨だったよ。うちに連れて帰ってあげてちゃんと見てあげてね」

母にそう言ったが・・

母はやはり見るのを嫌がった・・



母は・・父の死を受け止めたがらない

まだ・・迷子のまんまの母・・

葬儀終了後・・お坊様が丁寧にお説教を説いてくださった


母の姿は・・本来、あるべき姿なのだとおっしゃっていた

葬儀は通過儀礼ではないのだと・・


思えば

私は祖父母の葬儀も経験しているというのに
実家が真宗・大谷派の門徒だということをようやくにして、認識したのだ

そもそも・・浄土真宗についてもほとんど知りもしなかった

母が言う「お東さん」の意味すらも理解していなかった

全くの無信仰であった私だが・・

父の死に際する、母の姿を見てやっと・・

信仰というものの意味をほんのわずかながらにして知ることができた

迷子になっている母も

こうして少しずつ・・救われていくのだろう

かつて、ある外国人の知人に

「日本人は神様はありがたいものだと思っている」と言われたことがある

彼女はクリスチャンであったので、仏神に救いだけを求める日本人の姿が不思議でならなかったようなのだ

実際に・・今の日本人で熱心な信仰心を持つ者など、ほとんどと言っていいほどいないのは事実で・・

私もまた、その一人に違いない

だが、真宗の教えでは、母のように悲しみを押し隠すことなく表し、死への恐れを持つことこそが・・本来の人の姿とされる


私のように理屈に救いを求める人間こそが
欺瞞に満ちているということなのだ

当たりすぎている

だからと言って・・今更・・泣き喚くことすらできない

こんな風に・・つらつらと・・

書き連ねる事でしか

自分を保つことができないのは

母よりもずっと私が弱い証拠なのだ

こんな人間が

実は一番、誰かを傷つけてしまうのかもしれない

自分は愚かだと口に出してもやはり

それもただの自己弁護にしかならないのだろうか?

と・・思うのだ・・

迷子になっているのは実は私

母は「明日、壁を塗り替えてもらうから、たんすや荷物を運ぶの手伝って。
こんな汚い壁でお寺さんに来てもらわれへんわ。」

と・・現実的なお願いをしてくる

「明日から・・会社に行こうと思うんだけど・・」
「でも、私一人だと無理やもん・・」
「わかった・・やっぱり来週から出るよ。きっとまだ忌引きで通るだろうから」


母は・・もう迷子になっていない


私は・・・














覚書

  • 2009/03/25(水) 10:31:18

そういえば・・

こちらの方はずっと放置しっぱなしでございました

感想専用のブログのはずが・・

なんと・・「かもめ」以降
なんの感想もあげていないではないか?

それ以降の観劇につきまして

少々記しておこうとおもいます

8月「道元の冒険」

井上ひさし作 蜷川幸雄演出
主演 阿部寛

巨匠二人の最強タッグに実に濃い役者陣が合わさり・・
テンポよく笑わせていただきました
しかし・・BRAVAはやっぱり嫌いよ
どうしてこの劇場って・・後方席が見難いのでしょう〜

あれはなんとかしていただきたいものですわ

同じく8月「SISTERS」

作・演出ともに、長塚圭史
主演 松たか子

松さんと鈴木杏ちゃんの演技対決を目当てに行ったようなものですが
杏ちゃんの凄まじい成長ぶりに感動してしまいました

長塚さんの作品はいい!

閉塞された空間だけで、展開される物語なのにそこに社会全体の膿があふれ出ているようで・・

特にこの作品の水の使い方には驚かされました
観ているだけで背筋が寒くなるような作品の中で
どんどんとあふれ出てくる水・・

全身の体温が奪われていくような錯覚を覚えました
つい先日、テレビ放映もされたばかりですが・・

やはり・・松さんは凄い!
杏ちゃんは「ムサシ」も好評のようで4月、5月の観劇が今から楽しみです

9月「人間になりたかった猫」

劇団 四季

初四季なのですが・・これは四季の上演演目の中では特殊な位置づけですね
でも、この舞台を観られたおかげで
観劇するということの意味を、改めて考えさせられました
何の制約もなく、誰でも楽しめる
それが舞台芸術なんだ・・と
子どもも大人も一つになって、大騒ぎできる楽しいミュージカルでした

11月予定では「私生活」観劇のはずが・・
今でも悔しい・・が・・これは自分の判断で息子に譲りました

1月「エリザベート」

作 ミヒャエル・クンツェ
東宝ミュージカル

主演 浅海ひかる 武田真治

久々の本格的なミュージカル
幻想的な舞台で、昨年春の「トゥーランドット」など足元にも及ばないほどの完成度・・(見慣れておられる方には色々ご意見もございましょうが)

でも、私は充分に楽しめたし、感動できました
武田トート・・実にセクシーでございました

暗殺者が水先案内人となり「死」をテーマにした作品でありながら
女性の強さをしっかりと伝えてくれる作品で・・
軸のある作品を観たという満足感を得られるものでした
やはり、ミュージカルはいい

2月「冬物語」

作 ウィリアム・シェイクスピア 演出 蜷川幸雄
主演 唐沢寿明 田中裕子

シェイクスピア×蜷川は無敵です
別ブログでも書きましたが・・
そもそもシェイクスピアの本はおもしろくない(笑)

が・・これが舞台で観るとこれほどおもしろいのだから不思議です

それはギリシャ悲劇も同じで全くおもしろくないものほど
おもしろいのですわ

普遍的な人の性やら業やらがそこにしっかりとあるからなのでしょうね

そして・・シェイクスピアは体にいい(笑)

泣いて・・笑って・・・怒って・・
人間の感情が全面に放出されて、その感情のエネルギーをより強く表現できる役者が演じているのだから、観客が引っ張られていく

唐沢さんも田中さんもお見事でしたが
中でも、素晴らしいのは田中さん

美は造作で表されるのではなく
気品と知性と振る舞い、佇まい・・発せられる声・・
それだけで充分に絶世の美女と化す

特別に声を張るわけでもないのに・・細部に渡り気を配られた発声
穏やかで優しく強く・・心に響く声色・・

12列目下手側で観劇
この距離ならオペラグラスはいらないのですが・・
思わず・・田中さんをオペラグラスで追ってしまいました
気づいたら、頬が濡れていた

なんとも素晴らしい女優さんです

さて!

来月4月にいよいよ待ちに待った「ムサシ」
劇評ではかなりの高評価

読売オンラインの劇評


藤原・小栗の2大若手俳優を中心に
共演者も蜷川演劇常連者ばかりの少数精鋭の実力派カンパニー
初日前日にやっと全ての台本が完成したとか・・?

大阪公演が実に楽しみです


日本インターネット大賞に応募します。

  • 2009/01/05(月) 17:21:50

映画は大好き・・なんですが
恥ずかしながらもそれほど多くは実は見ていません
そんな中でも私の視点から選んでみました。
初応募です。




【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 闇の子供たち 」  10点
  「 夕凪の街 桜の国 」10点
  「 カメレオン 」    5点
  「 蛇にピアス 」    3点
  「 20世紀少年 第1章 」2点
  
【コメント】
何と言っても「闇の子供たち」が素晴らしかった。大変に衝撃的な作品でした。このような映画が日本で作られたことを嬉しく思います。
そして同じくらいに感動したのが、07年公開でしたが私は08年に観たということで「夕凪の街 桜の国」これを見て衝動的に広島に行ったほど。
「カメレオン」はストーリーよりも映像に物悲しさやノスタルジーを感じさせてくれて、実際には現実もこれくらい錆びついているのに、どこか別世界のように見える。印象深い作品でした。
「蛇にピアス」は、実にアーティスティックな作品で、リアルな痛みをあまり感じないせいか・・美しさだけが心に残り、若者たちのピュアな部分をより強調していたように思えました。
「20世紀少年」は原作ファンということもありますが、実写化によってより70年代への郷愁を誘ってくれました。私は好きでした。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ 阪本順治 ] (「 闇の子供たち 」)
【コメント】
よくぞ、作ってくれました。感謝さえしたいほどです。
心の葛藤や苦しみはあったでしょうが、こういった映画を撮れる監督がいる国だってことが誇らしい。

【主演男優賞】
   [ 藤原竜也 ] (「 カメレオン 」)
【コメント】
ストーリーも映像も全て、彼を撮るために作られたような作品ですが、その中で縦横無尽に動き回り、切れがあり、また色香もある新たなアクションシーンを演じてくれました。欲目なしに主演男優賞です。
今の時代にこんな錆びた映画の主演をあれほどの熱さで演じられるのはやはり彼しかいないでしょう。

【主演女優賞】
   [ 麻生久美子 ] (「 夕凪の街 桜の国」)      
【コメント】
彼女の演技は本物の痛みを伝える力があります。
日本特有とも言える、被虐的でありながらも本質の強さを持った女性。
今時の女優さんに珍しいくらいに古風な日本的叙情を持った女優さんで、文句なしに主演女優賞でしょう。

【助演男優賞】
   [ ARATA ] (「 蛇にピアス 」)
【コメント】
主演の吉高由里子さんをより美しく見せながらも、サディスティックでセクシーな男を好演してくれました。
どこか非リアルな雰囲気も含めて彼を選びました。

【助演女優賞】
   [ 福田真由子 ] (「 L change the world 」)
【コメント】
彼女は子役とは思いません。大人の女優以上に立派な女優さんです。
この映画の中で最も光り輝いていたのは彼女でした。

【新人賞】
   [ 該当なし ] (「        」)
【コメント】

【音楽賞】
  「 該当なし 」
【コメント】

-----------------------------------------------------------------

【勝手に本当の主演賞】
   [ タイの子供たち ] (「 闇の子供たち 」)

【コメント】
この映画の本当の主役は彼らに間違いありません。
彼らの澄みきった物言う瞳は今も胸に焼き付いて離れません。
この映画に出たことで、大人になるのを拒むことなどないように心から祈ります。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

-----------------------------------------------------------------

「かもめ」 4幕

  • 2008/07/28(月) 15:11:17

やっときた〜〜

長かった・・

4幕目での竜也さんの演技がまた素晴らしい

今まで見たいと思っていた

役者藤原竜也がそこにいる

表現するのは台詞がなくても表情がなくても

指先一つ、背中一つで演じることができるもの

物語を全身で表現する役者

それも自分ひとりが表現するのではなく

相手の演技を受けて・・あるいは
自分の表現で相手の存在をより明確に際立たせることもできるもの

才能は健在であり、それを裏付ける努力もまた並大抵なものでないのもわかる



かもめ4幕は

一つの物語でありながら

一部の3幕目までとあまりに遠くかけ離れている

わずか2年後を描いているとは思えないほどの時の隔たりを感じる

様々な終焉を描く4幕

だが・・

誰かの人生が終わっても

人の営みは変らず続けられるもの

人生の終焉は悲劇なのだろうか?喜劇なのだろうか?

生きるものであれば必ず死は自然にやってくる

悲劇なのは生きながら死ぬということなのかもしれない

生きたいという老人に「浅はかな考えだ」という医師

死を選ぶ若者にはなんと答えるのだろう?

アントン・チェーホフは医師であり、作家だった

医師として人々の生死を見続けていた彼と
作家として人々の人生を描く彼・・・

ドルン医師の言葉の端はしに・・
チェーホフの意思を見る気がする

だから・・

ドルンがトレープレフに語りかけるとき・・
私もドルンに心の中で語りかける・・

あなたは自分自身にもそうやって語りかけてきたの?

と・・

そして・・

トレープレフの死・・

私はトレープレフは2年前に一度死んでいたのだと思えた

それは先に述べたとおり・・生きながらの死だった

母に見捨てられ・・恋人に捨てられ・・

彼はまさしくかもめのように撃ち落されていた

そして・・2度目の死を迎えるのだ


続きを読む

「かもめ」 3幕

  • 2008/07/28(月) 00:51:29

この3幕目が・・
実は・・本当に難しい・・

見ていて、一番おもしろく演出されている

チェーホフももしかしたら・・そういう演出を望んでいたのかもしれない
などとも思えてしまう

でもおもしろおかしく笑っていても・・

その裏に人の毒があるのが漂う

3幕目は・・

旅立ちと決別の双方が描かれていて・・

そのどちらもが相反しているようでいて
通じている

悲劇と喜劇が相反していて通じていて

男と女も相反していながら通じていて

親と子も相反していながら通じている

まるで・・

部屋の中央に置かれた大きな鏡に反転して映る自分のように・・

確かにそこに映っているのに・・
決してそちらへは行けない







続きを読む